マイクロサービスの利用検討

1.マイクロサービスとは?

マイクロサービス(Microservices)は、個々に開発された複数の小さな(マイクロ)サービスを連携させて管理、運営をおこなっていくソフトウェアのアーキテクチャです。

https://martinfowler.com/articles/microservices.html
・Microservices – James Lewis, Martin Fowler

2.マイクロサービスの利用パターン

マイクロサービスの利用には2つパターンが有ります。

①、遠隔手続き呼び出しRPC(Remote Procedure Call)です。

②、イベント駆動型(Event-Driven)です。

2つパターンのメリット・デメリットを紹介する前に、業務サービス間の関連関係を紹介します。良い設計には、メンテしやすい柔軟性を十分保つべきである。

3.業務サービス間の緊密関連関係

業務サービス間には主に4つの重要関係があります。

①、時間性。クライントの請求にはサーバの応答が即時か。

RPC:
  同期呼出である場合、サーバの回答がしばらく返してくれなければ、タイムアウトになり、処理失敗とする。特にサーバ側のトランザクション処理時間が長ければ、長いほど、失敗のケースが多く発生されます。

  非同期呼出の場合、Callback関数をパラメータとして、サービスを呼出す時に設定し、サーバが処理終了後、Callback関数経由で結果をお知らせしてくれて、待つ必要がなくなります。

イベント駆動型:
  サービスを待機し、クライアントからの請求を届く、イベントが発生する。
イベントをメッセージパイプに登録して、クライアントにご請求を預かりましたを応答します。その後、サーバ側がいろんな処理が終わった後、再度クライアントにお知らせします。

②容量性。クライアントの請求にはサーバの対応力が不足なら、

RPC:無理。メッセージキュー(MessageQueue)を利用しなければなりません。

イベント駆動型:同じく、メッセージキュー(MessageQueue)を利用しなければなりません。

③インタフェース。業務処理には一連のAPIを呼出しには普通。

PRC:すべてのAPI情報、呼出順等を知らなければ行けません。

イベント駆動型:先頭のイベントだけを発砲したら、その後は、処理結果しだいで、自動的に進めます。BPM(ビジネスプロセスマネジメント)と同じ仕組みです。

マイクロサービスの利用検討
マイクロサービスの利用検討

④宛先。誰に指示をすればいいか

PRC:明確なロジック処理宛先が必要、P2Pで、サービスを呼出して、サービスの応答を待つ。

イベント駆動型:ロジック処理宛先を知らなくても、統一API代理として、API Gatewayに請求を送信するだけで、処理先の決定はAPIGatewayに任せます。
APIGatewayより、P2Pで送信指示もできるし、Broadcastで送信も可能です。

4.処理フローをEvent Sourcingへ発展.

業務処理フローを見える化にはWork-Flowとして、世の中普及されていますが、時にデータ更新時のイベント発生状況を確認したい、要するにタイムマシンで、過去の時点に戻りたい時に、Event Sourcingという設計パターンが現れます。

Event Sourcingとは、データの更新されるとなるイベントを積み上げます。
現在を含めたある特定時点の状態を再現できます。
例えば、ある商品の3日前の在庫状況を再現したい場合は、3日前までのイベントを再試行すれば、出荷、入荷、返品、追加等すべての状態が完全に再現できます。

利用目的としては、データチエーンと同じ考え方で、異常発生した時に、発生元の状態を容易に究明ができます。

5.ドメイン駆動設計(DomainDriven Design

DDDドメイン駆動設計の重要概念は境界づけコンテキスト(Bounded Context)です。
各サブシステムは独立のドメインとして運行しています。各ドメインには独自のサービスだけでなく、DBも独立である。例えば、生産、販売、物流、顧客、アフターサービスはそれぞれ独立運用されます。

マイクロサービスの利用検討
マイクロサービスの利用検討

主要ポイントは、データの同期問題。

DDDの考え方は、ドメイン間のデータ同期には、全く同じクラス、同じDB構成で、バッチにより、同期させます。DBの共用では有りません。

6.マイクロサービスの規模

数が多くほど、管理作業が増えていきます。devopts、dockerコンテナ化、サービスレジストリ・発見等メンテ管理の自動化発展により、マイクロサービスの利用がますます便利になります。

ケースバイケースですが、マイクロサービス一つには、DBテーブルが10以内におすすめです。

結論:

マイクロサービスの呼出しパターンはRPCとイベント駆動の2つがあります。

イベント駆動にはもっと柔軟性が有り、おすすめです。

Event Sourcingとドメイン駆動設計はマイクロサービスの利用発展方法方向の一つです。


弊社提供している業務の概要紹介:

弊社はiot、bigdata関連ソリューションを提供しております。詳細技術文書は後続追加掲載させて頂きます。

iot関連紹介:https://mbpsmartec.co.jp/ja/product/
bigdata関連紹介:https://mbpsmartec.co.jp/ja/solution/

弊社はintra-mart社のベンダーです。intra-martプラットフォーム関連ソリューションのご提供は、長年続けております。

業界初Intra-mart + IoT + BIGDATA + モバイル端末対応:
https://mbpsmartec.co.jp/ja/si-service/

Copyright © MBPSMARTEC株式会社 All rights reserved

個人情報保護方針       情報セキュリティ基本方針

×
個人情報保護方針

令和元年6月1日

MBP SMARTEC株式会社

代表取締役社長 朱 峰

MBP SMARTEC株式会社は、 情報漏洩リスクに対しハイレベルの対策を抜本的に講じ、 情報セキュリティを企業の基本的指針とするため、 その方針を明文化した「情報セキュリティ基本方針」を策定致しました。

今後はこの「情報セキュリティ基本方針」及び「個人情報保護方針」を遵守し、 高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

1. 個人情報保護の理念

個人情報は、 個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることに鑑み、 その適正な取扱が図られなければならない。

2. 基本方針

個人情報は個人の貴重な財産である。

MBP SMARTEC株式会社で業務に従事するすべての者は、 個人情報保護マネジメントシステムを確立し、 実施維持し、個人情報を正確かつ安全に取り扱わなければならない。

3. 個人情報保護マネジメントシステムの目的

  1. 適切な個人情報の取得、利用及び提供の基準と、これを運用する規定を定める。
  2. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、 滅失又はき損の防止及び是正に関する行動規範、具体的ルールを定める。

4. 組織活動基本方針を具体化するための活動

  1. 個人情報保護管理者を選任し、 個人情報保護マネジメントシステムの確立、 実施および維持に関する責任および権限を与え、業務を行わせる。
  2. 個人情報保護監査責任者を選任し、監査を実施する。
  3. 内部監査に基づき、社内の規定、運用の仕方を改善する。
  4. 取引のある企業及び個人に対し、規定の目的達成のための協力を要請する。
  5. 本保護方針は、当社のインターネット・ホームページ(URL=www.mbpsmartec.co.jp/)、 会社案内等に掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とする。
  6. 個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関して、 本人からの苦情及び相談を受け付ける「苦情相談窓口」を設け、適切かつ迅速に対応する。
  7. 役員及びすべての従業員は、個人情報の保護に関する法律、 個人情報に関する法令、所管省庁が作成したガイドライン・指針及びその他の規範を遵守する。
  8. 個人情報保護マネジメントシステムは定期的に内部監査を行い、継続的に改善する。

5. 個人情報の取り扱い

  1. 個人情報の取得・利用・提供について

    当社はソフトェア開発及び情報処理業務及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、 利用及び提供を行う。また本人に対し利用目的を明らかにするとともに、 利用目的は当社のHP上に公表する。明示した利用目的以外の利用は行いません。

  2. 権利の尊重

    当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、 自己の個人情報に対し、本人から開示、訂正、削除を求められたときは、 合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応ずる。

  3. 安全対策の実施

    当社は、社内規定を整備し、 全従業員に個人情報保護に関する教育を実施する等、 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、 滅失又はき損の予防並びに是正に関する措置を講じ、適切な安全対策を実施する。

6. 個人情報利用目的一覧表

  1. 従業員から取得する目的
    • 管理目的で記録を残しておくため。
    • 給与・賞与(源泉徴収を含む)計算および経費精算などのため。
    • 各種保険加入のため。
    • 郵便物送付のため。
    • 官公庁(VISAなど入管法・税務署・年金・保険)に提出するための情報取得のため。
    • 個人情報管理および守秘義務遵守のため。
    • 取引先への営業目的のため。
  2. 採用応募者から取得する目的
    • 応募者を採用するか、否かを判断するため。
  3. 技術者情報を取得する目的
    • ソフトウェア開発及び情報処理業務を受託する営業活動のため。
    • ソフトウェア開発及び情報処理業務の受託に適した技術者を選定するため。
    • 契約のため。
  4. 一般文書である個人情報を取得する目的
    • コミュニケーションを図るため。
    • 連絡をとるため。
    • 取引先との窓口として個人情報を取得し、各種取引に供する。

本内容に関するご質問及び苦情・開示等に関するご相談は、 下記の「管理部」にお願い致します。

MBP SMARTEC株式会社

〒101-0052

東京都千代田区神田小川町3-22-16 第三大丸ビル4階

03-6275-0950

FAX: 03-6275-0951

 閉じる
×
情報セキュリティ基本方針

令和元年6月1日

MBP SMARTEC株式会社

代表取締役社長 朱 峰

MBP SMARTEC株式会社は、情報漏洩リスクに対しハイレベルの対策を抜本的に講じ、 情報セキュリティを企業の基本的指針とするため、 その方針を明文化した「情報セキュリティ基本方針」を策定致しました。

今後はこの「情報セキュリティ基本方針」及び「個人情報保護方針」を遵守し、 高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

1. 情報セキュリティ基本方針の対象

情報セキュリティ基本方針が対象とする「情報資産」とは、 MBP SMARTECの企業活動において入手及び知り得た情報、 ならびにMBP SMARTECが業務上保有するすべての情報とし、 この情報資産の取り扱い及び管理に携わるMBP SMARTECの「役員、社員、派遣社員」および、 MBP SMARTECの情報資産を取り扱う「業務委託先およびその社員」が遵守することとします。

2. 情報セキュリティ管理体制の構築

MBP SMARTECが保有する全ての情報資産の保護に努め、 情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、 社会からの信頼を常に得られるよう、 非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

3. 情報セキュリティに関する内部規程の整備

情報セキュリティ基本方針に基づいた内部規程を整備し、 個人情報だけではなく、 情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すとともに、 情報漏洩等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。

4. 情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現

情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊、 利用妨害などが発生しないよう、 徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。

対策としては高セキュリティエリアでの作業、DBアクセス権の制限など、 データへのアクセスを徹底的にコントロールする考え方で臨みます。

5. 情報セキュリティリテラシーの向上

全社員にセキュリティ教育・訓練を徹底し、 MBP SMARTECの情報資産に関わる全員が、 情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。

また、刻々と変わる状況に対応できるよう、 教育・訓練を継続して行っていきます。

6. 外部委託先の管理体制強化

外部委託を行う際には、 外部委託先としての適格性を十分に審査し、 MBP SMARTECと同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。

また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、 外部委託先を継続的に見直し、 契約の強化に務めます。

 
閉じる
×
「お問い合わせにおける個人情報の取扱いについて」

(1)事業者の氏名または名称

   MBPSMARTEC株式会社

(2)個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

   個人情報保護管理者:何 文蕾

   電子メール:wl.he@mbpsmartec.co.jp

   電話番号:03-6275-0950

(3)個人情報の利用目的

   お問い合わせいただいた内容に回答するため

(4)個人情報の第三者提供について

   取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について

   取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)個人情報を与えなかった場合に生じる結果

   個人情報を与えることは任意です。個人情報に関する情報の一部をご提供いただけない場合は、

   お問い合わせ内容に回答できない可能性があります。

(7)保有個人データの開示等および問い合わせ窓口について

   ご本人からの求めにより、当社が保有する保有個人データに関する開示、利用目的の通知、

   内容の訂正・追加または削除、利用停止、消去および第三者提供の停止(以下、開示等という)に応じます。

   開示等に応ずる窓口は、下記「当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先」を参照してください。

(8)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

   クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(9)個人情報の安全管理措置について

   取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、

   その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

   お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。

(10)個人情報保護方針

   当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先

窓口の名称 個人情報問い合わせ窓口
連絡先

お問い合わせ窓口担当:管理部 人事総務担当

住所    :〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22 第三大丸ビル4階

電話 /FAX :03-6275-0950/03-6275-0951

電子メール :wl.he@mbpsmartec.co.jp

 閉じる
×
「資料ダウンロードにおける個人情報の取扱いについて」

(1)事業者の氏名または名称

   MBPSMARTEC株式会社

(2)個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

   個人情報保護管理者:何 文蕾

   電子メール:wl.he@mbpsmartec.co.jp

   電話番号:03-6275-0950

(3)個人情報の利用目的

   ダウンロードいただいたお客様を確認するため

(4)個人情報の第三者提供について

   取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について

   取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)個人情報を与えなかった場合に生じる結果

   個人情報を与えることは任意です。個人情報に関する情報の一部をご提供いただけない場合は、

   ご希望の資料をダウンロードできない可能性があります。

(7)保有個人データの開示等および問い合わせ窓口について

   ご本人からの求めにより、当社が保有する保有個人データに関する開示、利用目的の通知、

   内容の訂正・追加または削除、利用停止、消去および第三者提供の停止(以下、開示等という)に応じます。

   開示等に応ずる窓口は、下記「当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先」を参照してください。

(8)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

   クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(9)個人情報の安全管理措置について

   取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、

   その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

(10)個人情報保護方針

   当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先

窓口の名称 個人情報問い合わせ窓口
連絡先

窓口担当  :管理部 人事総務担当

住所    :〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22 第三大丸ビル4階

電話 /FAX :03-6275-0950/03-6275-0951

電子メール :wl.he@mbpsmartec.co.jp

 閉じる
×
「体験申込における個人情報の取扱いについて」

(1)事業者の氏名または名称

   MBPSMARTEC株式会社

(2)個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

   個人情報保護管理者:何 文蕾

   電子メール:wl.he@mbpsmartec.co.jp

   電話番号:03-6275-0950

(3)個人情報の利用目的

   体験申込が希望するお客様の情報確認、連絡及びフィードバックを収集するため

(4)個人情報の第三者提供について

   取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について

   取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)個人情報を与えなかった場合に生じる結果

   個人情報を与えることは任意です。個人情報に関する情報の一部をご提供いただけない場合は、

   体験申込ができない可能性があります。

(7)保有個人データの開示等および問い合わせ窓口について

   ご本人からの求めにより、当社が保有する保有個人データに関する開示、利用目的の通知、

   内容の訂正・追加または削除、利用停止、消去および第三者提供の停止(以下、開示等という)に応じます。

   開示等に応ずる窓口は、下記「当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先」を参照してください。

(8)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

   クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(9)個人情報の安全管理措置について

   取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、

   その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

(10)個人情報保護方針

   当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先

窓口の名称 個人情報問い合わせ窓口
連絡先

窓口担当  :管理部 人事総務担当

住所    :〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22 第三大丸ビル4階

電話 /FAX :03-6275-0950/03-6275-0951

電子メール :wl.he@mbpsmartec.co.jp

 閉じる