IOTとは 導入効果 ハンディターミナル

1週間IOT導入・デモケース事例

設備とDPUを接続する

クラウド設定


イントラマートベースのエッジコンピューティングを生かしたデータ可視化ソリューション

エッジコンピューティング「DPU」

紹介ムービー

5分の動画でIOTシステムを理解できる!

弊社のDPUを利用して、IOT二次給水監視システムを簡単に作れます!

1分の動画でIOTシステムを理解できる!

弊社のDPUを利用して、IOTスマート農業監視システムを簡単に作れます!

6分の動画でIOTシステムを理解できる!

弊社のDPUを利用して、IOT工程機械監視制御システムを簡単に作れます!

もっと詳細な資料はこちら  >

Copyright © MBPSMARTEC株式会社 All rights reserved

個人情報保護方針       情報セキュリティ基本方針

×
個人情報保護方針

令和元年6月1日

MBP SMARTEC株式会社

代表取締役社長 朱 峰

MBP SMARTEC株式会社は、 情報漏洩リスクに対しハイレベルの対策を抜本的に講じ、 情報セキュリティを企業の基本的指針とするため、 その方針を明文化した「情報セキュリティ基本方針」を策定致しました。

今後はこの「情報セキュリティ基本方針」及び「個人情報保護方針」を遵守し、 高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

1. 個人情報保護の理念

個人情報は、 個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることに鑑み、 その適正な取扱が図られなければならない。

2. 基本方針

個人情報は個人の貴重な財産である。

MBP SMARTEC株式会社で業務に従事するすべての者は、 個人情報保護マネジメントシステムを確立し、 実施維持し、個人情報を正確かつ安全に取り扱わなければならない。

3. 個人情報保護マネジメントシステムの目的

  1. 適切な個人情報の取得、利用及び提供の基準と、これを運用する規定を定める。
  2. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、 滅失又はき損の防止及び是正に関する行動規範、具体的ルールを定める。

4. 組織活動基本方針を具体化するための活動

  1. 個人情報保護管理者を選任し、 個人情報保護マネジメントシステムの確立、 実施および維持に関する責任および権限を与え、業務を行わせる。
  2. 個人情報保護監査責任者を選任し、監査を実施する。
  3. 内部監査に基づき、社内の規定、運用の仕方を改善する。
  4. 取引のある企業及び個人に対し、規定の目的達成のための協力を要請する。
  5. 本保護方針は、当社のインターネット・ホームページ(URL=www.mbpsmartec.co.jp/)、 会社案内等に掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とする。
  6. 個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関して、 本人からの苦情及び相談を受け付ける「苦情相談窓口」を設け、適切かつ迅速に対応する。
  7. 役員及びすべての従業員は、個人情報の保護に関する法律、 個人情報に関する法令、所管省庁が作成したガイドライン・指針及びその他の規範を遵守する。
  8. 個人情報保護マネジメントシステムは定期的に内部監査を行い、継続的に改善する。

5. 個人情報の取り扱い

  1. 個人情報の取得・利用・提供について

    当社はソフトェア開発及び情報処理業務及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、 利用及び提供を行う。また本人に対し利用目的を明らかにするとともに、 利用目的は当社のHP上に公表する。明示した利用目的以外の利用は行いません。

  2. 権利の尊重

    当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、 自己の個人情報に対し、本人から開示、訂正、削除を求められたときは、 合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応ずる。

  3. 安全対策の実施

    当社は、社内規定を整備し、 全従業員に個人情報保護に関する教育を実施する等、 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、 滅失又はき損の予防並びに是正に関する措置を講じ、適切な安全対策を実施する。

6. 個人情報利用目的一覧表

  1. 従業員から取得する目的
    • 管理目的で記録を残しておくため。
    • 給与・賞与(源泉徴収を含む)計算および経費精算などのため。
    • 各種保険加入のため。
    • 郵便物送付のため。
    • 官公庁(VISAなど入管法・税務署・年金・保険)に提出するための情報取得のため。
    • 個人情報管理および守秘義務遵守のため。
    • 取引先への営業目的のため。
  2. 採用応募者から取得する目的
    • 応募者を採用するか、否かを判断するため。
  3. 技術者情報を取得する目的
    • ソフトウェア開発及び情報処理業務を受託する営業活動のため。
    • ソフトウェア開発及び情報処理業務の受託に適した技術者を選定するため。
    • 契約のため。
  4. 一般文書である個人情報を取得する目的
    • コミュニケーションを図るため。
    • 連絡をとるため。
    • 取引先との窓口として個人情報を取得し、各種取引に供する。

本内容に関するご質問及び苦情・開示等に関するご相談は、 下記の「管理部」にお願い致します。

MBP SMARTEC株式会社

〒101-0052

東京都千代田区神田小川町3-22-16 第三大丸ビル4階

03-6275-0951

FAX: 03-6275-0951

 閉じる
×
情報セキュリティ基本方針

令和元年6月1日

MBP SMARTEC株式会社

代表取締役社長 朱 峰

MBP SMARTEC株式会社は、情報漏洩リスクに対しハイレベルの対策を抜本的に講じ、 情報セキュリティを企業の基本的指針とするため、 その方針を明文化した「情報セキュリティ基本方針」を策定致しました。

今後はこの「情報セキュリティ基本方針」及び「個人情報保護方針」を遵守し、 高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

1. 情報セキュリティ基本方針の対象

情報セキュリティ基本方針が対象とする「情報資産」とは、 MBP SMARTECの企業活動において入手及び知り得た情報、 ならびにMBP SMARTECが業務上保有するすべての情報とし、 この情報資産の取り扱い及び管理に携わるMBP SMARTECの「役員、社員、派遣社員」および、 MBP SMARTECの情報資産を取り扱う「業務委託先およびその社員」が遵守することとします。

2. 情報セキュリティ管理体制の構築

MBP SMARTECが保有する全ての情報資産の保護に努め、 情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、 社会からの信頼を常に得られるよう、 非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

3. 情報セキュリティに関する内部規程の整備

情報セキュリティ基本方針に基づいた内部規程を整備し、 個人情報だけではなく、 情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すとともに、 情報漏洩等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。

4. 情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現

情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊、 利用妨害などが発生しないよう、 徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。

対策としては高セキュリティエリアでの作業、DBアクセス権の制限など、 データへのアクセスを徹底的にコントロールする考え方で臨みます。

5. 情報セキュリティリテラシーの向上

全社員にセキュリティ教育・訓練を徹底し、 MBP SMARTECの情報資産に関わる全員が、 情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。

また、刻々と変わる状況に対応できるよう、 教育・訓練を継続して行っていきます。

6. 外部委託先の管理体制強化

外部委託を行う際には、 外部委託先としての適格性を十分に審査し、 MBP SMARTECと同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。

また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、 外部委託先を継続的に見直し、 契約の強化に務めます。

 
閉じる